レンズフットLP-55SG&LP-59
ゴーヨンを長く使用してロクヨンⅡを使うようになったらとてもブレが気になるようになりました。
これは三脚や雲台を大きな物に交換すれば良いと言う問題ではなく、部品の組み合わせで
できている機材の接合部がとても気になるのでした。

最初に手を付けたのは以前このブログでも紹介しましたザハトラーのロングプレートTF PLATE SDV-Lです。
これでレンズのフット全体で固定できるようになりました。ところがこのプレートはきつく締め付けると
ゴムが破綻して浮いてきて固定が不安定になります。(これは他社のプレートでも見かけますね)
そこで硬度70度のゴムシートを、1mm、1.5mm、2mmと購入して張り替えて暫く試してみました。
何度でも試せるように強力な両面テープで固定しました。2mmは厚すぎてボツ。1mmは強く締めると
プレートに当たります。普通は1.5mmが丁度良いです。私は1mmにしました。

只いずれにせよきつく閉めすぎるとゴムがはがれて浮いてきます。
そこで考えたのがネジの締め付けが丁度良い所で固定できるようにネジロックを使うことです。
これで暫く様子を見て大丈夫そうだったので、KIRK レンズフット LP-55SGを購入しました。
これはネジが1/4が2箇所と3/8が1箇所の3箇所で固定できるのです。これにネジロックを使って
固定したら最も安定が良いだろうと言う事です。

ネジの締め具合はゴムが浮いて破綻する寸前が丁度よいのですが、ついつい締めすぎてしまいます。
一度浮いてしまうと剥がれていますのでやり直しです。
ゴムの切り出しは20本くらいは切り出しました。この辺はもう病気ですね。

結果、今のところ良好です。
ゴーヨンでは全く問題なかったのですが、ロクヨンⅡは難しいです。
ですが、ロクヨンⅡって全てがはまるとものすごい絵が撮れます。
鳥肌物です。この一枚のために一生懸命になります。


で、ここまで来る間にKIRK レンズフット LP-59と言うショートタイプも試してみました。
これを使用すると高さも低くプレートも短い方のTF PLATE SDVでバランスが取れるのですが
ネジが1/4が2箇所なのでちょっと不安です。輸入元のサイトにも書いてありますが、
これは一脚用で使用した方が良さそうですね。

と言う感じで2ヶ月ほどレンズフット&プレートと仲良しになっていました。
f0183785_2117233.jpg
LP-55SG+TF PLATE SDV-L
f0183785_21381126.jpg
LP-59+TF PLATE SDV
f0183785_21185064.jpg
左がLP-55SG、右がLP-59です。
f0183785_21243015.jpg
左のLP-59が2穴、真ん中のLP-55SGが3穴です。
f0183785_21474787.jpg
f0183785_21253481.jpg
LP-59は高さがこれくらい低くなります。
f0183785_2126918.jpg
f0183785_21263966.jpg
f0183785_21273377.jpg
f0183785_2128076.jpg
左がLP-55SG、右がLP-59です。
f0183785_2130986.jpg
f0183785_21304469.jpg
f0183785_213254.jpg
フードを逆さまにするとレンズコートがほんのちょっとだけ当たります。
高さが1mmほど低いようです。
f0183785_21363925.jpg
f0183785_2137486.jpg
f0183785_21372189.jpg
f0183785_2141440.jpg
ネジロックはロックタイトの243を使用しました。
f0183785_21423945.jpg
工具です。六角レンチとプレートのねじ回しです。
ねじ回しは自作です。コインが使えない所用に作りました。

by m_1008 | 2013-09-11 22:01 | アクセサリ機材
<< ジッツオ2・3・4型三脚用ザハ... ロクヨンⅡ&ゴーヨン用バッグ >>