ロクヨンⅡにレンズサポートを装着しました。
鳥さん撮影でブレ対策は切っても切れない関係です。
特に焦点距離が長くなればなるほどブレに気を使います。

ゴーヨンではさほど気にならなかったブレがロクヨンになったら何だかとっても
気になってしょうがないのです。

これって被写体がぶれるだけじゃなくてレンズが揺れているとAIサーボが反応して
ピントがずれてしまうようです。フォーカスポイントが狙ったところでピタッと止まってくるのが
理想です。

そこで三脚を大型のものに変更したりレンズフットを交換してみたり
プレートのゴムを変更したりと色々手を尽くしてみました。

でも、ライブビューで10倍にしてみるとやっぱり揺れている。

この揺れを消すにはもうレンズサポートを装着するしかありません。
色々ネットで検索をかけると、台湾に理想とするレンズサポートが売ってるようで、
本気で台湾まで買い物に行こうかと思いました。

それもあれなので、日本で売ってるもので何とかしようと思いまして、これまたパーツを
検索しまくりました。それで何となく製品が頭の中で出来上がってきました。

でも寸法などの詳細は詳しく出ていないので購入してみないと分からない状態でしたが、
えいやっと注文しました。

部品が到着してあーだこーだしてるうちにかなり素晴らしいものが完成しました。
多少の加工はありましたがこれだったら誰でもできるし、どっかお店でセットで
販売してくれないかな~なんて思っちゃうほどでした。

実際金曜日に池でシェイクダウンしてきましたが、かなり良い結果でした。
池の対岸のピラカンサスについたカワセミが解像しているのです。

もう何年もこの池でカワセミを撮っていますが、対岸は殆ど諦めていました。
ここ数日のブログでも対岸のカワセミが結構アップされています。
撮影の幅が増えたようです。

ライブビューの10倍にしてもかなり揺れが止まったように思います。

それとカワセミの横っ飛びも何だかシャープに撮れているような気もします。
良く分かりませんがカワセミのダイブなんかにも影響があるかもしれません。
レンズサポートを装着してからそんなシーンが良く撮れているような気がします。

一応部品を書いておきますね。
ロングプレート DPG-3016R 3/8ネジは入らないのでそこだけ広げました。
サポート部 YLS-01これを2点。車輪になっているので回転できます。
カメラと連結 E-6276 L型ブラケットミニ。 これを切断して使います。
それと1/4ネジと3/8ネジを色々と。
ザハトラー8Tとの連結は付いていた小さい方のプレートをがっちりネジ止め。

私はカメラ横に照準器を装着しているのでその下にL型プレートを連結させています。
連結させた事によって皆さんがとても気にしていると思いますマウントのガタも
無くなりました。これは意外と効果が大きいかもしれません。
ネジをはずせば縦位置にも回転できます。

あとは画像を上げておきますので見てください。
画像は1.4エクステンダーをかましてあります。外しても使えます。
f0183785_161551.jpg
f0183785_17712.jpg
f0183785_18721.jpg
f0183785_1104653.jpg
f0183785_111058.jpg
f0183785_1112085.jpg
f0183785_1121686.jpg
f0183785_1125391.jpg
f0183785_1132044.jpg
f0183785_114553.jpg
f0183785_114444.jpg
f0183785_1152862.jpg
f0183785_1161219.jpg
f0183785_1163333.jpg
f0183785_117356.jpg
f0183785_118276.jpg

by m_1008 | 2014-12-09 01:22 | アクセサリ機材
<< なんだかとっても調子がいい~ 枯葉がいっぱい(言い訳) >>